2014年05月の記事

車折神社 其の5

_IGP4164.jpg

裏参道を入ってすぐにある「地主神社」 普通は地主と書いて「じしゅ」と読む場合が多いのですが、こちらは「じぬし」と読みます。もともと柳鶯寺(りゅうおうじ)というお寺の鎮守社だったようで、廃寺にともないここにうつされました。柳鶯寺で嵯峨天皇が遊幸の際に休息を取られいたことから、御祭神は嵯峨天皇が祀られています。

続きを読む