カテゴリー "お萩とぼた餅" の記事

暑さ寒さも彼岸まで…

higanbana023.jpg

春分の日と秋分の日を中日に前後各3日を合わせた7日間を彼岸といい、この期間に行う仏事を彼岸会(ひがんえ)と呼びますが、これらの習慣は日本独自もので他の仏教国にはありません。お彼岸の起源は以前こちらのブログでも少し触れましたが、崇道天皇が早良親王の祟りを恐れ7日間ぶっ通しの供養をしたのがその始まり。元々は今のお彼岸とはかなりニュアンスの異なるものだったんですが、それがいつの頃からか先祖を供養する習慣へと変わっていきました。

続きを読む