カテゴリー "河原町のジュリー" の記事

河原町のジュリー

Julie11960年代から80年代にかけて、京都に「河原町のジュリー」と呼ばれる一人のホームレスがいました。京都の人間なら知らない人はいないほどの有名人で、河原町の名物でもありました。
レゲエのドレッドヘアのような長い髪は油やホコリでもはや髪というより固形物と化し、後ろから見ると被り物でも被っているようでした。ダークな色の穴だらけのジャッケットをはおり、裾がボロボロになったパンツから見える素足はモンキーパンチの漫画のような細い足だったのを覚えています。

続きを読む