カテゴリー "輪違屋" の記事

輪違屋(わちがいや)

img_269819_20733593_0.jpeg

輪違屋とは、現在も京都の嶋原(花街)で営業されている置屋兼お茶屋さん。置屋(おきや)というのは芸姑さんなどが所属するプロダクションのようなもので、仕事の依頼があれば置屋から派遣されます。派遣先は置屋に対して揚屋(あげや)と呼ばれます。創業は元禄元年、置屋としての創業当時の名は「養花楼」お茶屋も兼業するようになったのは明治5年からだそうです。この建物は昭和59年に京都市の登録文化財に指定されました。


続きを読む